カメラプレビューの安定化

Android 13 以降を搭載したデバイスの場合、カメラ フレームワークはカメラのキャプチャ セッションのプレビュー ストリームやその他の RAW 以外のストリームでの動画の手ぶれ補正をサポートしています。この機能を使用すると、サードパーティ製アプリはカメラ プレビューと録画を比較する際に、WYSIWYG(What You See Is What You Get)を提供できます。

実装

サードパーティ アプリにこの機能を提供するには、デバイス メーカーは以下のキーのサポートをアドバタイズし、カメラ HAL にプレビューの手ぶれ補正アルゴリズムを実装する必要があります。

この機能のデフォルト設定を変更するには、createCaptureRequest を使用してキャプチャ リクエストを作成するときに、キャプチャ リクエスト テンプレートでデフォルト値を割り当てます。

この機能のリファレンス実装については、hardware/google/camera/devices/EmulatedCamera/hwl/EmulatedSensor.cppCuttlefishEmulatedCamera のコードをご覧ください。

動画手ぶれ補正モードの詳細については、CONTROL_VIDEO_STABILIZATION_MODE をご覧ください。

検証

この機能の実装をテストするには、次の CTS テストと ITS テストを使用します。

CTS:

ITS(画角と手ぶれ補正機能の品質をテスト):