FastbootDeviceFlasher

public class FastbootDeviceFlasher
extends Object implements IDeviceFlasher

java.lang.Object
com.android.tradefed.targetprep.FastbootDeviceFlasher


物理的な Android ハードウェアでイメージをフラッシュするために fastboot に依存するクラス。

概要

田畑

public static final String BASEBAND_IMAGE_NAME

パブリック コンストラクター

FastbootDeviceFlasher ()

公開メソッド

void flash ( ITestDevice device, IDeviceBuildInfo deviceBuild)

デバイス上でビルドをフラッシュします。

CommandStatus getSystemFlashingStatus ()

フラッシュ中のプライマリ システム パーティションのコマンド実行ステータスを取得します。

IDeviceFlasher.UserDataFlashOption getUserDataFlashOption ()

ユーザー データ イメージをフラッシュ、ワイプ、または保持する必要があるかどうかを取得します

void overrideDeviceOptions ( ITestDevice device)

デバイスのオプションをオーバーライドします。

void preFlashOperations ( ITestDevice device, IDeviceBuildInfo deviceBuild)

実際にクリティカル セクションが点滅する前に発生する必要があるすべてのセットアップ操作とチェック。

void setDataWipeSkipList ( dataWipeSkipList) setDataWipeSkipList ( dataWipeSkipList)

/dataの下のパスのリストを設定して、 ITestsZipInstaller使用時にクリアされないようにします

スキップ リストの粒度は/dataの直接の子であることに注意してください。

void setFlashOptions ( flashOptions) setFlashOptions ( flashOptions)

flash/update コマンドで渡すオプションのリストを設定します。

void setFlashingResourcesRetriever ( IFlashingResourcesRetriever retriever)

フラッシャーがフラッシュ用のリソース ファイルを取得できるメカニズムを設定します。

void setForceSystemFlash (boolean forceSystemFlash)

現在のビルドを実行している場合でも、システムを常にフラッシュする必要があるかどうかを設定します

void setRamdiskPartition (String ramdiskPartition)

RAM ディスクのパーティションを設定します

void setShouldFlashRamdisk (boolean shouldFlashRamdisk)

イメージ zip を介してデバイスを更新した後、追加の RAM ディスクをフラッシュする必要があるかどうかを設定します

void setUserDataFlashOption ( IDeviceFlasher.UserDataFlashOption flashOption)

ユーザー データ イメージをフラッシュするか、ワイプするか、保持するかを切り替えます

void setWipeTimeout (long timeout)

データ消去のタイムアウトを設定します。

boolean shouldFlashRamdisk ()

イメージ zip を介してデバイスを更新した後、追加の RAM ディスクをフラッシュする必要があるようにフラッシャーが設定されているかどうかを確認します

保護されたメソッド

void checkAndFlashBaseband ( ITestDevice device, IDeviceBuildInfo deviceBuild)

必要に応じて、デバイスのベースバンド イメージをフラッシュします。

boolean checkAndFlashBootloader ( ITestDevice device, IDeviceBuildInfo deviceBuild)

必要に応じて、デバイスのブートローダー イメージをフラッシュします。

boolean checkAndFlashSystem ( ITestDevice device, String systemBuildId, String systemBuildFlavor, IDeviceBuildInfo deviceBuild)

必要に応じて、デバイスのシステム イメージをフラッシュします。

boolean checkShouldFlashBaseband ( ITestDevice device, IDeviceBuildInfo deviceBuild)

提供されたデバイスのベースバンドをフラッシュする必要があるかどうかを確認します。

IFlashingResourcesParser createFlashingResourcesParser ( IDeviceBuildInfo localBuild, DeviceDescriptor descriptor)

IFlashingResourcesParserを作成するためのファクトリ メソッド。

void downloadExtraImageFiles ( IFlashingResourcesParser resourceParser, IFlashingResourcesRetriever retriever, IDeviceBuildInfo localBuild)

必要に応じて、サブクラスが追加のカスタム イメージ ファイルをダウンロードできるようにするためのフック。

void downloadFlashingResources ( ITestDevice device, IDeviceBuildInfo localBuild)

必要な追加のフラッシュ イメージ ファイルをダウンロードします

String executeFastbootCmd ( ITestDevice device, String... cmdArgs)

fastboot コマンドを実行するためのヘルパー メソッド。

String executeLongFastbootCmd ( ITestDevice device, String... cmdArgs)

実行時間の長い fastboot コマンドを実行するためのヘルパー メソッド。

String executeLongFastbootCmd ( ITestDevice device, envVarMap, String... cmdArgs) executeLongFastbootCmd ( ITestDevice device, envVarMap, String... cmdArgs)

環境変数を使用して実行時間の長い fastboot コマンドを実行するヘルパー メソッド。

void flashBaseband ( ITestDevice device, File basebandImageFile)

指定されたベースバンド イメージをフラッシュし、再起動してブートローダーに戻ります

void flashBootloader ( ITestDevice device, File bootloaderImageFile)

指定されたブートローダー イメージをフラッシュし、再起動してブートローダーに戻ります

void flashExtraImages ( ITestDevice device, IDeviceBuildInfo deviceBuild)

システムをフラッシュして再起動する前に、デバイス固有のパーティションをフラッシュします。

void flashPartition ( ITestDevice device, File imgFile, String partition)

デバイスの個々のパーティションをフラッシュします

void flashRamdiskIfNeeded ( ITestDevice device, IDeviceBuildInfo deviceBuild)
void flashSystem ( ITestDevice device, IDeviceBuildInfo deviceBuild)

デバイスのシステム イメージをフラッシュします。

void flashUserData ( ITestDevice device, IDeviceBuildInfo deviceBuild)

デバイスのユーザーデータ パーティションをフラッシュします。

void flashUserDataFromDeviceImageFile ( ITestDevice device, IDeviceBuildInfo deviceBuild)

デバイス イメージ ファイルから userdata.img を抽出し、デバイスにフラッシュします。

String getBootPartitionName ()

このデバイス フラッシャーのブート パーティション名を取得します。

String getBootloaderFilePrefix ( ITestDevice device)

ブートローダー ファイルのプレフィックスを取得します。

String getCurrentSlot ( ITestDevice device)

現在のスロットを取得するためのヘルパー メソッド (A/B 対応デバイスの場合)。

IFlashingResourcesRetriever getFlashingResourcesRetriever ()
String getImageVersion ( ITestDevice device, String imageName)

デバイス上の現在のイメージ バージョンを取得するヘルパー メソッド。

IRunUtil getRunUtil ()

テストのために公開。

void handleUserDataFlashing ( ITestDevice device, IDeviceBuildInfo deviceBuild)

ユーザーデータ/キャッシュ パーティションのフラッシュを処理する

boolean hasPartition ( ITestDevice device, String partition)

指定されたパーティションが存在するかどうかをブートローダーで確認します

void preFlashSetup ( ITestDevice device, IDeviceBuildInfo deviceBuild)

必要な追加の事前フラッシュ設定を実行します。

void setSystemBuildInfo (String systemBuildId, String systemBuildFlavor)
void verifyRequiredBoards ( ITestDevice device, IFlashingResourcesParser resourceParser, String deviceProductType)

デバイスの製品タイプがフラッシュするビルドをサポートしていることを確認してください。

void wipeCache ( ITestDevice device)

デバイスのキャッシュ パーティションをワイプします。

void wipePartition ( ITestDevice device, String partition)

`fastboot erase <name>` で指定されたパーティションを消去します

田畑

BASEBAND_IMAGE_NAME

public static final String BASEBAND_IMAGE_NAME

パブリック コンストラクター

FastbootDeviceFlasher

public FastbootDeviceFlasher ()

公開メソッド

閃光

public void flash (ITestDevice device, 
                IDeviceBuildInfo deviceBuild)

デバイス上でビルドをフラッシュします。

点滅終了後、すぐに復帰します。発信者は、テストに進む前に、デバイスがオンラインになり利用可能になるまで待つ必要があります。

パラメーター
device ITestDevice : フラッシュするITestDevice

deviceBuild IDeviceBuildInfo : フラッシュするIDeviceBuildInfo

スロー
DeviceNotAvailableException
TargetSetupError

getSystemFlashingStatus

public CommandStatus getSystemFlashingStatus ()

フラッシュ中のプライマリ システム パーティションのコマンド実行ステータスを取得します。

システム パーティションがフラッシュされていない場合 (システムにフラッシュするビルドが既に存在する場合)、コマンド ステータスがnullになる可能性があることに注意してください。

戻り値
CommandStatus

getUserDataFlashOption

public IDeviceFlasher.UserDataFlashOption getUserDataFlashOption ()

ユーザー データ イメージをフラッシュ、ワイプ、または保持する必要があるかどうかを取得します

戻り値
IDeviceFlasher.UserDataFlashOptionユーザー データ イメージをフラッシュ、ワイプ、または保持する必要があるかどうか

overrideDeviceOptions

public void overrideDeviceOptions (ITestDevice device)

デバイスのオプションをオーバーライドします。デフォルトが特定のデバイスでサポートされていない場合に、デフォルトのオプション値を上書きするために使用されます。

preFlash操作

public void preFlashOperations (ITestDevice device, 
                IDeviceBuildInfo deviceBuild)

実際にクリティカル セクションが点滅する前に発生する必要があるすべてのセットアップ操作とチェック。これらの操作は、同時実行制御のクリティカル セクションには含まれません。

パラメーター
device ITestDevice : フラッシュするITestDevice

deviceBuild IDeviceBuildInfo : フラッシュするIDeviceBuildInfo

スロー
DeviceNotAvailableException
TargetSetupError

setDataWipeSkipList

public void setDataWipeSkipList ( dataWipeSkipList)

/dataの下のパスのリストを設定して、 ITestsZipInstaller使用時にクリアされないようにします

スキップ リストの粒度は/dataの直接の子であることに注意してください。

パラメーター
dataWipeSkipList

setFlashOptions

public void setFlashOptions ( flashOptions)

flash/update コマンドで渡すオプションのリストを設定します。

setFlashingResourcesRetriever

public void setFlashingResourcesRetriever (IFlashingResourcesRetriever retriever)

フラッシャーがフラッシュ用のリソース ファイルを取得できるメカニズムを設定します。

パラメーター
retriever IFlashingResourcesRetriever : 使用するIFlashingResourcesRetriever

setForceSystemFlash

public void setForceSystemFlash (boolean forceSystemFlash)

現在のビルドを実行している場合でも、システムを常にフラッシュする必要があるかどうかを設定します

setRamdiskPartition

public void setRamdiskPartition (String ramdiskPartition)

RAM ディスクのパーティションを設定します

setShouldFlashRamdisk

public void setShouldFlashRamdisk (boolean shouldFlashRamdisk)

イメージ zip を介してデバイスを更新した後、追加の RAM ディスクをフラッシュする必要があるかどうかを設定します

setUserDataFlashOption

public void setUserDataFlashOption (IDeviceFlasher.UserDataFlashOption flashOption)

ユーザー データ イメージをフラッシュするか、ワイプするか、保持するかを切り替えます

setWipeTimeout

public void setWipeTimeout (long timeout)

データ消去のタイムアウトを設定します。

パラメーター
timeout long

shouldFlashRamdisk

public boolean shouldFlashRamdisk ()

イメージ zip を介してデバイスを更新した後、追加の RAM ディスクをフラッシュする必要があるようにフラッシャーが設定されているかどうかを確認します

戻り値
boolean

保護されたメソッド

checkAndFlashBaseband

protected void checkAndFlashBaseband (ITestDevice device, 
                IDeviceBuildInfo deviceBuild)

必要に応じて、デバイスのベースバンド イメージをフラッシュします。デバイスの現在のバージョン != 必要なバージョンの場合にのみベースバンドをフラッシュします

パラメーター
device ITestDevice : フラッシュするITestDevice

deviceBuild IDeviceBuildInfo : フラッシュするベースバンド イメージを含むIDeviceBuildInfo

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが利用できない場合
TargetSetupErrorベースバンドのフラッシュに失敗した場合

checkAndFlashBootloader

protected boolean checkAndFlashBootloader (ITestDevice device, 
                IDeviceBuildInfo deviceBuild)

必要に応じて、デバイスのブートローダー イメージをフラッシュします。

デバイスの現在のバージョンが必要なバージョンである場合にのみ、ブートローダーをフラッシュします。

パラメーター
device ITestDevice : フラッシュするITestDevice

deviceBuild IDeviceBuildInfo : フラッシュするブートローダー イメージを含むIDeviceBuildInfo

戻り値
booleanブートローダーがフラッシュされた場合はtrue 、スキップされた場合はfalse

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが利用できない場合
TargetSetupErrorブートローダーのフラッシュに失敗した場合

checkAndFlashSystem

protected boolean checkAndFlashSystem (ITestDevice device, 
                String systemBuildId, 
                String systemBuildFlavor, 
                IDeviceBuildInfo deviceBuild)

必要に応じて、デバイスのシステム イメージをフラッシュします。

ERROR(/#shouldFlashSystem(String,String,com.android.tradefed.build.IDeviceBuildInfo))をご覧ください。

選択したパスに関係なく、メソッド実行後、デバイスはユーザー空間で起動する必要があります。

パラメーター
device ITestDevice : フラッシュするITestDevice

systemBuildId String : デバイスで実行中の現在のビルド ID

systemBuildFlavor String : デバイスで実行されている現在のビルド フレーバー

deviceBuild IDeviceBuildInfo : フラッシュするシステム イメージを含むIDeviceBuildInfo

戻り値
booleanシステムがフラッシュされた場合はtrue 、スキップされた場合はfalse

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが利用できない場合
TargetSetupErrorブートローダーのフラッシュに失敗した場合

checkShouldFlashBaseband

protected boolean checkShouldFlashBaseband (ITestDevice device, 
                IDeviceBuildInfo deviceBuild)

提供されたデバイスのベースバンドをフラッシュする必要があるかどうかを確認します。

パラメーター
device ITestDevice : チェックするITestDevice

deviceBuild IDeviceBuildInfo : チェックするベースバンド イメージを含むIDeviceBuildInfo

戻り値
boolean

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが利用できない場合
TargetSetupErrorベースバンドのフラッシュに失敗した場合

createFlashingResourcesParser

protected IFlashingResourcesParser createFlashingResourcesParser (IDeviceBuildInfo localBuild, 
                DeviceDescriptor descriptor)

IFlashingResourcesParserを作成するためのファクトリ メソッド。

単体テスト用に公開。

パラメーター
localBuild IDeviceBuildInfo : 解析するIDeviceBuildInfo

descriptor DeviceDescriptor : フラッシュされるデバイスの記述子。

戻り値
IFlashingResourcesParserファクトリ メソッドによって作成されたIFlashingResourcesParser

スロー
TargetSetupError

ダウンロードExtraImageFiles

protected void downloadExtraImageFiles (IFlashingResourcesParser resourceParser, 
                IFlashingResourcesRetriever retriever, 
                IDeviceBuildInfo localBuild)

必要に応じて、サブクラスが追加のカスタム イメージ ファイルをダウンロードできるようにするためのフック。

パラメーター
resourceParser IFlashingResourcesParser : IFlashingResourcesParser

retriever IFlashingResourcesRetriever : IFlashingResourcesRetriever

localBuild IDeviceBuildInfo : IDeviceBuildInfo

スロー
TargetSetupError

ダウンロードFlashingResources

protected void downloadFlashingResources (ITestDevice device, 
                IDeviceBuildInfo localBuild)

必要な追加のフラッシュ イメージ ファイルをダウンロードします

パラメーター
device ITestDevice : リソースをダウンロードするITestDevice

localBuild IDeviceBuildInfo : 入力するIDeviceBuildInfo 。デバイス イメージ ファイルが既に設定されていることを前提としています

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが利用できない場合
TargetSetupErrorリソースの取得に失敗した場合

executeFastbootCmd

protected String executeFastbootCmd (ITestDevice device, 
                String... cmdArgs)

fastboot コマンドを実行するためのヘルパー メソッド。

パラメーター
device ITestDevice : コマンドを実行するITestDevice

cmdArgs String : fastboot に提供する引数

戻り値
String空でない場合は、コマンドからの標準エラー出力を文字列化します。そうでない場合は stdout を返します 一部の fastboot コマンドは、成功した場合に出力を stderr にダンプするという点で奇妙です

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが利用できない場合
TargetSetupError fastboot コマンドが失敗した場合

executeLongFastbootCmd

protected String executeLongFastbootCmd (ITestDevice device, 
                String... cmdArgs)

実行時間の長い fastboot コマンドを実行するためのヘルパー メソッド。

注: 通常、ほとんどの fastboot コマンドは、 INativeDevice.executeFastbootCommand(String)によって許可されたタイムアウト内で実行されます。ただし、複数のデバイスが同時にデバイスをフラッシュしている場合、fastboot コマンドは通常よりもはるかに長い時間がかかることがあります。

パラメーター
device ITestDevice : コマンドを実行するITestDevice

cmdArgs String : fastboot に提供する引数

戻り値
String空でない場合は、コマンドからの標準エラー出力を文字列化します。そうでない場合は stdout を返します 一部の fastboot コマンドは、成功した場合に出力を stderr にダンプするという点で奇妙です

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが利用できない場合
TargetSetupError fastboot コマンドが失敗した場合

executeLongFastbootCmd

protected String executeLongFastbootCmd (ITestDevice device, 
                 envVarMap, 
                String... cmdArgs)

環境変数を使用して実行時間の長い fastboot コマンドを実行するヘルパー メソッド。

注: 通常、ほとんどの fastboot コマンドは、 INativeDevice.executeFastbootCommand(String)によって許可されたタイムアウト内で実行されます。ただし、複数のデバイスが同時にデバイスをフラッシュしている場合、fastboot コマンドは通常よりもはるかに長い時間がかかることがあります。

パラメーター
device ITestDevice : コマンドを実行するITestDevice

envVarMap : fastboot コマンドを実行する前に設定する必要がある環境変数を含むマップ

cmdArgs String : fastboot に提供する引数

戻り値
String空でない場合は、コマンドからの標準エラー出力を文字列化します。そうでない場合は stdout を返します 一部の fastboot コマンドは、成功した場合に出力を stderr にダンプするという点で奇妙です

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが利用できない場合
TargetSetupError fastboot コマンドが失敗した場合

フラッシュベースバンド

protected void flashBaseband (ITestDevice device, 
                File basebandImageFile)

指定されたベースバンド イメージをフラッシュし、再起動してブートローダーに戻ります

パラメーター
device ITestDevice : フラッシュするITestDevice

basebandImageFile File : ベースバンド画像ERROR(/File)

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが利用できない場合
TargetSetupErrorベースバンドのフラッシュに失敗した場合

フラッシュブートローダー

protected void flashBootloader (ITestDevice device, 
                File bootloaderImageFile)

指定されたブートローダー イメージをフラッシュし、再起動してブートローダーに戻ります

パラメーター
device ITestDevice : フラッシュするITestDevice

bootloaderImageFile File : ブートローダ イメージERROR(/File)

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが利用できない場合
TargetSetupErrorフラッシュに失敗した場合

flashExtraImages

protected void flashExtraImages (ITestDevice device, 
                IDeviceBuildInfo deviceBuild)

システムをフラッシュして再起動する前に、デバイス固有のパーティションをフラッシュします。オーバーライドされない限り何もしません。

パラメーター
device ITestDevice : フラッシュするITestDevice

deviceBuild IDeviceBuildInfo : ビルド ファイルを含むIDeviceBuildInfo

スロー
com.android.tradefed.device.DeviceNotAvailableException
TargetSetupError
DeviceNotAvailableException

フラッシュパーティション

protected void flashPartition (ITestDevice device, 
                File imgFile, 
                String partition)

デバイスの個々のパーティションをフラッシュします

パラメーター
device ITestDevice : フラッシュするITestDevice

imgFile File : フラッシュするイメージを指すERROR(/File)

partition String : フラッシュするパーティションの名前

スロー
DeviceNotAvailableException
TargetSetupError

flashRamdiskIfNeeded

protected void flashRamdiskIfNeeded (ITestDevice device, 
                IDeviceBuildInfo deviceBuild)

パラメーター
device ITestDevice

deviceBuild IDeviceBuildInfo

スロー
DeviceNotAvailableException
TargetSetupError

フラッシュシステム

protected void flashSystem (ITestDevice device, 
                IDeviceBuildInfo deviceBuild)

デバイスのシステム イメージをフラッシュします。

パラメーター
device ITestDevice : フラッシュするITestDevice

deviceBuild IDeviceBuildInfo : フラッシュするIDeviceBuildInfo

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが利用できない場合
TargetSetupError fastboot コマンドが失敗した場合

flashUserData

protected void flashUserData (ITestDevice device, 
                IDeviceBuildInfo deviceBuild)

デバイスのユーザーデータ パーティションをフラッシュします。

パラメーター
device ITestDevice : フラッシュするITestDevice

deviceBuild IDeviceBuildInfo : フラッシュするファイルを含むIDeviceBuildInfo

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが利用できない場合
TargetSetupErrorユーザーデータのフラッシュに失敗した場合

flashUserDataFromDeviceImageFile

protected void flashUserDataFromDeviceImageFile (ITestDevice device, 
                IDeviceBuildInfo deviceBuild)

デバイス イメージ ファイルから userdata.img を抽出し、デバイスにフラッシュします。

パラメーター
device ITestDevice : フラッシュするITestDevice

deviceBuild IDeviceBuildInfo : フラッシュするファイルを含むIDeviceBuildInfo

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが利用できない場合
TargetSetupErrorユーザーデータの抽出またはフラッシュに失敗した場合

getBootPartitionName

protected String getBootPartitionName ()

このデバイス フラッシャーのブート パーティション名を取得します。

デフォルトは「ブートローダー」です。サブクラスは、必要に応じてオーバーライドする必要があります。

戻り値
String

getBootloaderFilePrefix

protected String getBootloaderFilePrefix (ITestDevice device)

ブートローダー ファイルのプレフィックスを取得します。

デフォルトはgetBootPartitionName()です。サブクラスは、必要に応じてオーバーライドする必要があります。

パラメーター
device ITestDevice : フラッシュするITestDevice

戻り値
String

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが利用できない場合
TargetSetupErrorプレフィックスの取得に失敗した場合

getCurrentSlot

protected String getCurrentSlot (ITestDevice device)

現在のスロットを取得するためのヘルパー メソッド (A/B 対応デバイスの場合)。

パラメーター
device ITestDevice : コマンドを実行するITestDevice

戻り値
String 「a」、「b」または null (デバイスが A/B 対応でない場合)

スロー
com.android.tradefed.device.DeviceNotAvailableException
TargetSetupError
DeviceNotAvailableException

getFlashingResourcesRetriever

protected IFlashingResourcesRetriever getFlashingResourcesRetriever ()

戻り値
IFlashingResourcesRetriever

getImageVersion

protected String getImageVersion (ITestDevice device, 
                String imageName)

デバイス上の現在のイメージ バージョンを取得するヘルパー メソッド。

パラメーター
device ITestDevice : コマンドを実行するITestDevice

imageName String : 取得するイメージの名前。

戻り値
Stringコマンドからの stdout 出力の文字列

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが利用できない場合
TargetSetupError fastboot コマンドが失敗した場合、またはバージョンを判別できなかった場合

getRunUtil

protected IRunUtil getRunUtil ()

テストのために公開。

戻り値
IRunUtil

handleUserDataFlashing

protected void handleUserDataFlashing (ITestDevice device, 
                IDeviceBuildInfo deviceBuild)

ユーザーデータ/キャッシュ パーティションのフラッシュを処理する

パラメーター
device ITestDevice : フラッシュするITestDevice

deviceBuild IDeviceBuildInfo : フラッシュするファイルを含むIDeviceBuildInfo

スロー
com.android.tradefed.device.DeviceNotAvailableException
TargetSetupError
DeviceNotAvailableException

hasPartition

protected boolean hasPartition (ITestDevice device, 
                String partition)

指定されたパーティションが存在するかどうかをブートローダーで確認します

パラメーター
device ITestDevice : 操作するITestDevice

partition String : チェックするパーティションの名前

戻り値
boolean

スロー
DeviceNotAvailableException

preFlashセットアップ

protected void preFlashSetup (ITestDevice device, 
                IDeviceBuildInfo deviceBuild)

必要な追加の事前フラッシュ設定を実行します。オーバーライドされない限り何もしません。

パラメーター
device ITestDevice : 準備するITestDevice

deviceBuild IDeviceBuildInfo : ビルド ファイルを含むIDeviceBuildInfo

スロー
com.android.tradefed.device.DeviceNotAvailableException
TargetSetupError
DeviceNotAvailableException

setSystemBuildInfo

protected void setSystemBuildInfo (String systemBuildId, 
                String systemBuildFlavor)

パラメーター
systemBuildId String

systemBuildFlavor String

verifyRequiredBoards

protected void verifyRequiredBoards (ITestDevice device, 
                IFlashingResourcesParser resourceParser, 
                String deviceProductType)

デバイスの製品タイプがフラッシュするビルドをサポートしていることを確認してください。

基本実装は、deviceProductType がIFlashingResourcesParser.getRequiredBoards()コレクションに含まれていることを確認します。サブクラスは必要に応じてオーバーライドできます。

パラメーター
device ITestDevice : フラッシュされるITestDevice

resourceParser IFlashingResourcesParser : IFlashingResourcesParser

deviceProductType String : deviceの製品タイプ

スロー
TargetSetupErrorビルドに必要なボード情報がデバイスと一致しなかった場合

ワイプキャッシュ

protected void wipeCache (ITestDevice device)

デバイスのキャッシュ パーティションをワイプします。

パラメーター
device ITestDevice : フラッシュするITestDevice

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが利用できない場合
TargetSetupErrorキャッシュのフラッシュに失敗した場合

ワイプパーティション

protected void wipePartition (ITestDevice device, 
                String partition)

`fastboot erase <name>` で指定されたパーティションを消去します

パラメーター
device ITestDevice : 操作するITestDevice

partition String : ワイプするパーティションの名前

スロー
DeviceNotAvailableException
TargetSetupError