リモート Android デバイス

public class RemoteAndroidDevice
extends TestDevice

java.lang.Object
com.android.tradefed.device.NativeDevice
com.android.tradefed.device.TestDevice
com.android.tradefed.device.RemoteAndroidDevice


adb connect 経由で接続されたフルスタック android デバイス用のITestDeviceの実装。デバイスのシリアルが次の形式になると仮定します: adbで。

概要

定数

long DEFAULT_SHORT_CMD_TIMEOUT

int MAX_RETRIES

long RETRY_INTERVAL_MS

long WAIT_FOR_ADB_CONNECT

パブリック コンストラクター

RemoteAndroidDevice (IDevice device, IDeviceStateMonitor stateMonitor, IDeviceMonitor allocationMonitor)

RemoteAndroidDeviceを作成します。

公開メソッド

boolean adbTcpConnect (String host, String port)

特定のtcp ip Androidデバイスにadb接続するヘルパーメソッド

boolean adbTcpDisconnect (String host, String port)

特定の tcp ip Android デバイスから adb disconnect するヘルパー メソッド

static boolean checkSerialFormatValid (String serialString)

シリアルの形式が期待どおりかどうかを確認します:ポート

DeviceDescriptor getDeviceDescriptor ()

デバイス情報からDeviceDescriptorを返して、実際のデバイス オブジェクトを渡さずに情報を取得します。

String getHostName ()

デバイスに関連付けられたホスト名を返します。

String getMacAddress ()

デバイスの MAC アドレスを返します。デバイスからのクエリに失敗した場合は null です。

String getPortNum ()

デバイスに関連付けられたポート番号を返します。

boolean isEncryptionSupported ()

デバイスで暗号化がサポートされているかどうかを返します。

void postAdbRootAction ()

デバイスが adb root の後、デバイスがオンラインに戻る前に特定のアクションを実行する必要がある場合はオーバーライドします。

void postAdbUnrootAction ()

adb unroot の後、デバイスがオンラインに戻る前に、デバイスが特定のアクションを実行する必要があるかどうかをオーバーライドします。

void postInvocationTearDown (Throwable exception)

呼び出しが完了した後に実行される、デバイス固有の必要なクリーンアップのための追加の手順。

boolean recoverDevice ()

デバイス通信の回復を試みます。

void setAdbLogFile (File adbLogFile)

デバッグ目的ですべての adb 接続ログを保存できるレシーバー ファイルを提供します。

void waitForAdbConnect (long waitTime)

adb 接続が有効になっているかどうかを確認します。

保護されたメソッド

Integer getInitialDeviceNumOffset ()

既知のデバイス番号オフセットがあれば、それを返します。

String getInitialIp ()

関連付けられている初期 IP があれば、それをデバイスに返します。

String getInitialSerial ()

デバイスの初期シリアル名を返します。

String getInitialUser ()

既知の最初のユーザーがあれば、それを返します。

void postAdbReboot ()

再起動後に実行できる追加のアクション。

定数

DEFAULT_SHORT_CMD_TIMEOUT

protected static final long DEFAULT_SHORT_CMD_TIMEOUT

定数値: 20000 (0x0000000000004e20)

MAX_RETRIES

protected static final int MAX_RETRIES

定数値: 5 (0x00000005)

RETRY_INTERVAL_MS

protected static final long RETRY_INTERVAL_MS

定数値: 5000 (0x0000000000001388)

WAIT_FOR_ADB_CONNECT

public static final long WAIT_FOR_ADB_CONNECT

定数値: 120000 (0x000000000001d4c0)

パブリック コンストラクター

リモート Android デバイス

public RemoteAndroidDevice (IDevice device, 
                IDeviceStateMonitor stateMonitor, 
                IDeviceMonitor allocationMonitor)

RemoteAndroidDeviceを作成します。

パラメーター
device IDevice : 関連するIDevice

stateMonitor IDeviceStateMonitor : 使用するIDeviceStateMonitorメカニズム

allocationMonitor IDeviceMonitor : 割り当て状態の変更を通知するIDeviceMonitor

公開メソッド

adbTcpConnect

public boolean adbTcpConnect (String host, 
                String port)

特定のtcp ip Androidデバイスにadb接続するヘルパーメソッド

パラメーター
host String : tcp/ip Android デバイスのホスト名/IP

port String : tcp/ip デバイスのポート番号

戻り値
booleanデバイスへの接続に成功した場合は true、それ以外の場合は false。

adbTcpDisconnect

public boolean adbTcpDisconnect (String host, 
                String port)

特定の tcp ip Android デバイスから adb disconnect するヘルパー メソッド

パラメーター
host String : tcp/ip Android デバイスのホスト名/IP

port String : tcp/ip デバイスのポート番号

戻り値
booleanデバイスへの切断に成功した場合は true、それ以外の場合は false。

checkSerialFormatValid

public static boolean checkSerialFormatValid (String serialString)

シリアルの形式が期待どおりかどうかを確認します:ポート

パラメーター
serialString String

戻り値
boolean形式が有効な場合は true、そうでない場合は false。

getDeviceDescriptor

public DeviceDescriptor getDeviceDescriptor ()

デバイス情報からDeviceDescriptorを返して、実際のデバイス オブジェクトを渡さずに情報を取得します。

戻り値
DeviceDescriptor

getHostName

public String getHostName ()

デバイスに関連付けられたホスト名を返します。シリアルより抜粋。

戻り値
String

getMacAddress

public String getMacAddress ()

デバイスの MAC アドレスを返します。デバイスからのクエリに失敗した場合は null です。

戻り値
String

getPortNum

public String getPortNum ()

デバイスに関連付けられたポート番号を返します。シリアルより抜粋。

戻り値
String

isEncryptionSupported

public boolean isEncryptionSupported ()

デバイスで暗号化がサポートされているかどうかを返します。

戻り値
booleanデバイスが暗号化をサポートしている場合はtrue

postAdbRootAction

public void postAdbRootAction ()

デバイスが adb root の後、デバイスがオンラインに戻る前に特定のアクションを実行する必要がある場合はオーバーライドします。デフォルトの実装には、追加アクションは含まれていません。この段階で adb root が有効になることは保証されていません。

スロー
DeviceNotAvailableException

postAdbUnrootAction

public void postAdbUnrootAction ()

adb unroot の後、デバイスがオンラインに戻る前に、デバイスが特定のアクションを実行する必要があるかどうかをオーバーライドします。デフォルトの実装には、追加のアクションは含まれていません。この段階で adb root が無効になる保証はありません。

スロー
DeviceNotAvailableException

postInvocationTearDown

public void postInvocationTearDown (Throwable exception)

呼び出しが完了した後に実行される、デバイス固有の必要なクリーンアップのための追加の手順。

パラメーター
exception Throwable : 呼び出しの失敗によって発生した最終的な例外 (存在する場合)。

回復装置

public boolean recoverDevice ()

デバイス通信の回復を試みます。

戻り値
booleanリカバリが試行されて成功した場合は True、リカバリがスキップされた場合は False を返します

スロー
DeviceNotAvailableException

setAdbLogFile

public void setAdbLogFile (File adbLogFile)

デバッグ目的ですべての adb 接続ログを保存できるレシーバー ファイルを提供します。

パラメーター
adbLogFile File

waitForAdbConnect

public void waitForAdbConnect (long waitTime)

adb 接続が有効になっているかどうかを確認します。

パラメーター
waitTime long

スロー
DeviceNotAvailableException

保護されたメソッド

getInitialDeviceNumOffset

protected Integer getInitialDeviceNumOffset ()

既知のデバイス番号オフセットがあれば、それを返します。利用できない場合は null を返します。

戻り値
Integer

getInitialIp

protected String getInitialIp ()

関連付けられている初期 IP があれば、それをデバイスに返します。既知の初期 IP がない場合は null を返します。

戻り値
String

getInitialSerial

protected String getInitialSerial ()

デバイスの初期シリアル名を返します。

戻り値
String

getInitialUser

protected String getInitialUser ()

既知の最初のユーザーがあれば、それを返します。最初の既知のユーザーがいない場合は null を返します。

戻り値
String

postAdbReboot

protected void postAdbReboot ()

再起動後に実行できる追加のアクション。

スロー
DeviceNotAvailableException