IDeviceStateMonitor

public interface IDeviceStateMonitor

com.android.tradefed.device.IDeviceStateMonitor


IDeviceの状態を監視する機能を提供します。

次の 4 つのイベントが true の場合にのみ、デバイスは現在「使用可能」とwaitForDeviceOnline()れます。 3. デバイスのパッケージ マネージャーが応答する (操作できない可能性がある) 4. デバイスの外部ストレージがマウントされている 3. & 4. waitForDeviceAvailable()の一部である。

概要

公開メソッド

abstract TestDeviceState getDeviceState ()

デバイスの状態を取得します。

abstract String getFastbootSerialNumber ()

fastboot モードのシリアル番号を取得します。

abstract String getMountPoint (String mountName)

マウント ポイントを返します。

abstract String getSerialNumber ()

デバイスのシリアル番号を取得します。

abstract boolean isAdbTcp ()
abstract void setDefaultAvailableTimeout (long timeoutMs)

waitForDeviceAvailable()で、デバイスが使用可能になるまで待機する時間をミリ秒単位で設定します。

abstract void setDefaultOnlineTimeout (long timeoutMs)

waitForDeviceOnline()で、デバイスがオンラインになるまで待機する時間をミリ秒単位で設定します。

abstract void setFastbootSerialNumber (String serial)

fastboot モードのシリアル番号を設定します。

abstract void setIDevice (IDevice device)

現在の IDevice を更新します。

abstract void setState ( TestDeviceState deviceState)

デバイスの現在の状態を設定します。

abstract boolean waitForBootComplete (long waitTime)

デバイスの起動完了フラグが設定されるまでブロックします

abstract IDevice waitForDeviceAvailable ()

デバイスが応答してテストできるようになるまで待機します。

abstract IDevice waitForDeviceAvailable (long waitTime)

デバイスが応答してテストできるようになるまで待機します。

default IDevice waitForDeviceAvailableInRecoverPath (long waitTime)

処理を調整するために回復パス中に呼び出されるwaitForDeviceAvailable(long)の特別なバリアント。

abstract boolean waitForDeviceBootloader (long waitTime)

デバイスがブートローダーになるのを待ちます。

abstract void waitForDeviceBootloaderStateUpdate ()

デバイスのブートローダーの状態が更新されるのを待ちます

abstract boolean waitForDeviceFastbootd (String fastbootPath, long waitTime)

デバイスが fastbootd になるのを待ちます。

abstract boolean waitForDeviceInRecovery (long waitTime)

デバイスが「adb recovery」状態になるのを待ちます

abstract IDevice waitForDeviceInRecovery ()

標準の起動タイムアウトを使用して、デバイスがリカバリ モードになるのを待ちます。

abstract boolean waitForDeviceInSideload (long waitTime)

デバイスが「adb sideload」状態になるのを待ちます

abstract boolean waitForDeviceNotAvailable (long waitTime)

デバイスが利用できなくなるまで待機します

abstract IDevice waitForDeviceOnline ()

標準の起動タイムアウトを使用して、デバイスがオンラインになるのを待ちます。

abstract IDevice waitForDeviceOnline (long time)

デバイスがオンラインになるのを待ちます。

abstract boolean waitForDeviceShell (long waitTime)

デバイスが基本的な adb シェル コマンドに応答するまで待機します。

公開メソッド

getDeviceState

public abstract TestDeviceState getDeviceState ()

デバイスの状態を取得します。

戻り値
TestDeviceStateデバイスのTestDeviceState

getFastbootシリアル番号

public abstract String getFastbootSerialNumber ()

fastboot モードのシリアル番号を取得します。

戻り値
String

getMountPoint

public abstract String getMountPoint (String mountName)

マウント ポイントを返します。

IDeviceにキャッシュされた情報が利用できない場合は、デバイスを直接照会します。

TODO: この動作をIDevice#getMountPoint(String)に移動

パラメーター
mountName String : マウント ポイントの名前

戻り値
Stringマウントポイントまたはnull

スロー
DeviceNotAvailableException

以下も参照してください。

getSerialNumber

public abstract String getSerialNumber ()

デバイスのシリアル番号を取得します。

戻り値
String

isAdbTcp

public abstract boolean isAdbTcp ()

戻り値
booleanデバイスが tcp 経由で adb に接続されている場合はtrue

setDefaultAvailableTimeout

public abstract void setDefaultAvailableTimeout (long timeoutMs)

waitForDeviceAvailable()で、デバイスが使用可能になるまで待機する時間をミリ秒単位で設定します。

パラメーター
timeoutMs long

setDefaultOnlineTimeout

public abstract void setDefaultOnlineTimeout (long timeoutMs)

waitForDeviceOnline()で、デバイスがオンラインになるまで待機する時間をミリ秒単位で設定します。

パラメーター
timeoutMs long

setFastbootシリアル番号

public abstract void setFastbootSerialNumber (String serial)

fastboot モードのシリアル番号を設定します。

パラメーター
serial String

setIDevice

public abstract void setIDevice (IDevice device)

現在の IDevice を更新します。

以下も参照してください。

setState

public abstract void setState (TestDeviceState deviceState)

デバイスの現在の状態を設定します。

waitForBootComplete

public abstract boolean waitForBootComplete (long waitTime)

デバイスの起動完了フラグが設定されるまでブロックします

パラメーター
waitTime long : 待機するミリ秒単位の量

戻り値
boolean

デバイスが利用可能になるのを待つ

public abstract IDevice waitForDeviceAvailable ()

デバイスが応答してテストできるようになるまで待機します。

waitForDeviceAvailable(long)と同等ですが、デフォルトのデバイス起動タイムアウトを使用します。

戻り値
IDevice時間切れになる前にデバイスがオンラインになった場合はIDevice 。それ以外の場合はnull

デバイスが利用可能になるのを待つ

public abstract IDevice waitForDeviceAvailable (long waitTime)

デバイスが応答してテストできるようになるまで待機します。現在、これはパッケージ マネージャーと外部ストレージが利用可能であることを意味します。

パラメーター
waitTime long : 待機する時間 (ミリ秒)

戻り値
IDevice時間切れになる前にデバイスがオンラインになった場合はIDevice 。それ以外の場合はnull

waitForDeviceAvailableInRecoverPath

public IDevice waitForDeviceAvailableInRecoverPath (long waitTime)

処理を調整するために回復パス中に呼び出されるwaitForDeviceAvailable(long)の特別なバリアント。

パラメーター
waitTime long

戻り値
IDevice

スロー
DeviceNotAvailableExceptionデバイスが利用できなくなった場合。

waitForDeviceBootloader

public abstract boolean waitForDeviceBootloader (long waitTime)

デバイスがブートローダーになるのを待ちます。

パラメーター
waitTime long : 待機する最大時間 (ミリ秒)

戻り値
boolean時間切れになる前にデバイスがブートローダーにある場合はtrue

waitForDeviceBootloaderStateUpdate

public abstract void waitForDeviceBootloaderStateUpdate ()

デバイスのブートローダーの状態が更新されるのを待ちます

waitForDeviceFastbootd

public abstract boolean waitForDeviceFastbootd (String fastbootPath, 
                long waitTime)

デバイスが fastbootd になるのを待ちます。

パラメーター
fastbootPath String : 使用する fastboot バイナリのパス。

waitTime long : 待機する最大時間 (ミリ秒)

戻り値
boolean時間が経過する前にデバイスが fastbootd にある場合はtrue

waitForDeviceInRecovery

public abstract boolean waitForDeviceInRecovery (long waitTime)

デバイスが「adb recovery」状態になるのを待ちます

パラメーター
waitTime long : 待機する最大時間 (ミリ秒)

戻り値
booleanタイムアウト前にデバイスが Recovery 状態にある場合は True、それ以外の場合は False。

waitForDeviceInRecovery

public abstract IDevice waitForDeviceInRecovery ()

標準の起動タイムアウトを使用して、デバイスがリカバリ モードになるのを待ちます。

戻り値
IDevice時間切れになる前にデバイスが復旧した場合はIDevice 。それ以外の場合はnull

waitForDeviceInSideload

public abstract boolean waitForDeviceInSideload (long waitTime)

デバイスが「adb sideload」状態になるのを待ちます

パラメーター
waitTime long : 待機する最大時間 (ミリ秒)

戻り値
booleanタイムアウト前にデバイスがサイドロードの場合は True、それ以外の場合は False。

waitForDeviceNotAvailable

public abstract boolean waitForDeviceNotAvailable (long waitTime)

デバイスが利用できなくなるまで待機します

パラメーター
waitTime long : 待機する最大時間 (ミリ秒)

戻り値
booleanデバイスが利用できなくなった場合はtrue

デバイスオンライン待ち

public abstract IDevice waitForDeviceOnline ()

標準の起動タイムアウトを使用して、デバイスがオンラインになるのを待ちます。

注: このメソッドは、デバイスが DDMS 経由で表示されると戻ります。デバイスが adb コマンドに実際に応答することは保証されません。代わりに、 waitForDeviceAvailable()を使用してください。

戻り値
IDevice時間切れになる前にデバイスがオンラインになった場合はIDevice 。それ以外の場合はnull

デバイスオンライン待ち

public abstract IDevice waitForDeviceOnline (long time)

デバイスがオンラインになるのを待ちます。

注: このメソッドは、デバイスが DDMS 経由で表示されると戻ります。デバイスが adb コマンドに実際に応答することは保証されません。代わりに、 waitForDeviceAvailable()を使用してください。

パラメーター
time long : 待機する最大時間 (ミリ秒)

戻り値
IDevice時間切れになる前にデバイスがオンラインになった場合はIDevice 。それ以外の場合はnull

デバイスシェルの待機

public abstract boolean waitForDeviceShell (long waitTime)

デバイスが基本的な adb シェル コマンドに応答するまで待機します。

パラメーター
waitTime long : 待機する時間 (ミリ秒)

戻り値
boolean waitTimeが経過する前にデバイスが応答する場合はtrue