Google は、黒人コミュニティに対する人種平等の促進に取り組んでいます。取り組みを見る

Device Scheduling

Device Scheduling モジュールには、デバイスがアイドル状態かどうかを検出するロジックが含まれており、ユーザーの操作を妨げずに再起動できます。

このモジュールは、再起動の準備が整っていることを示す信頼性の高いシグナルをインストーラに伝えることで、ソフトウェア アップデートの取り込み速度を改善します。再起動の準備が整っていることを伝える信頼性の高いシグナルにより、インストーラは、アップデートによってユーザーの操作が中断されていないことを認識したうえで、デバイスを再起動してアップデートを適用できます。

使用されていない状態でデバイスを自動的に再起動することで、デバイスが本来の方法で再起動されるまで待機する場合と比べて迅速なアップデートが可能になります。アップデートの適用に要する時間を短縮することで、ユーザーは重要な修正を迅速に受け取れるようになり、デバイス全体の健全性が改善されます。取り込み速度が向上すると、回帰も早期に検出できるようになります。

デバイスの再起動の準備が整っていることを判断するには複数の条件を考慮する必要があるため、このロジックは更新可能です。そのような条件は時間の経過に伴って変化する可能性があるため、このロジックを更新できるようにすることで、再起動の準備が整っていることを伝えるシグナルが引き続き有効となります。

モジュールの境界

Android 12 のこのモジュールでは、次の新しいディレクトリにコードが含まれています。

  • packages/modules/Scheduling

パッケージの形式

Device Scheduling モジュールは APEX パッケージとしてリリースされています。

このモジュールには、次の 2 つの JAR ファイルが含まれています。

  • framework-scheduling.jar:: インストーラがやり取りする API サーフェスが含まれています。これは bootclasspath の一部です。

  • service-scheduling.jar: 新しいシステム サービス RebootReadinessManagerService が含まれています。システム サーバー プロセスにより読み込まれます。

依存関係

このモジュールには外部依存関係はありません。