貢献

Android に関心をお寄せいただきありがとうございます。 Android の改善にご協力いただける方法をいくつかご紹介します。 Android プロジェクトの背景と私たちの目標については、 Set up for Android Development をご覧ください。

バグを報告する

Android の改善に役立つ最も簡単で効果的な方法の 1 つは、バグを報告することです。詳細については、バグの報告を参照してください。

特定のバグが特定のリリースで修正されることを保証できないことに注意してください。バグを報告した後にバグがどうなるかを確認するには、バグのライフ をお読みください。

アプリの開発

Android を作成したのは、すべての開発者がオープン プラットフォームでユーザーにアプリを配布できるようにするためです。 Android を支援する最善の方法の 1 つは、ユーザーが気に入るクールなアプリを作成することです。

開始するには、 developer.android.comにアクセスしてください。このサイトでは、SDK を使用して、互換性のある Android デバイス用のアプリを作成するために必要な情報とツールを提供します。

コードに貢献する

コードは王様です。送信された変更を確認したいので、ソースを確認し、バグまたは機能を選択して、コーディングを行ってください。パッチのサブミットが小さく、ターゲットを絞っているほど、レビューが容易になることに注意してください。

左のリンクを使用して、パッチGit と Repo 、およびその他のツールの寿命について学習することで、Android を使い始めることができます。また、 Gerrit サーバーですべての貢献に関するアクティビティを表示することもできます。 Android の一部では、アップストリーム プロジェクトにパッチを送信する必要があることに注意してください。途中で助けが必要な場合は、ディスカッション グループに参加してください。

コード スタイル

コードを提供する際に最良の結果を得るには、Android オープン ソース プロジェクト (AOSP) のそのサブプロジェクト (セクション) で使用されているコード スタイルに従ってください。 Android のほとんどは Java で記述されているため、 AOSP Java コード スタイルに従う必要があります。

frameworks/base/packages/SystemUI/src/com/android/systemui/doze/util/BurnInHelper.ktなど、AOSP の一部は Kotlin で記述されています。 Kotlin で既に記述されているプラ​​ットフォームの領域で Kotlin を使用できます。 Android での Kotlin の詳細については、Android デベロッパーのKotlin スタイル ガイドKotlin-Java 相互運用ガイドをご覧ください。より広範な Kotlin ガイダンスについては、 Kotlin 言語サイトを参照してください。

API ガイドライン

AOSP 開発者は、API を作成する際にAndroid API ガイドラインを理解し、従う必要があります。これらのガイドラインを使用して、Android の API 決定の背後にあるコンテキストを確認してください。プラットフォーム API の追加と変更は、 Metalavaによって検証されます。