BaseDeviceMetricCollector

public class BaseDeviceMetricCollector
extends Object implements IMetricCollector

java.lang.Object
com.android.tradefed.device.metric.BaseDeviceMetricCollector


onTestRunStart(com.android.tradefed.device.metric.DeviceMetricData)およびERROR(/#onTestRunEnd(com.android.tradefed.device.metric.DeviceMetricData,Map))収集を開始および停止できるIMetricCollectorの基本実装。

概要

田畑

public static final String TEST_CASE_EXCLUDE_GROUP_OPTION

public static final String TEST_CASE_INCLUDE_GROUP_OPTION

パブリック コンストラクター

BaseDeviceMetricCollector ()

公開メソッド

final getBuildInfos ()

呼び出しで利用可能なビルド情報のリストを返します。

final getDevices ()

呼び出しで使用可能なデバイスのリストを返します。

File getFileFromTestArtifacts (String fileName)

テスト成果物またはモジュール成果物からファイルを取得し、後続の呼び出しのためにマップにキャッシュします。

final ITestInvocationListener getInvocationListener ()

結果を転送する元のITestInvocationListenerを返します。

String getModuleName ()
final getRealDevices ()

getDevices()リストからすべての非スタブ デバイスを返します。

String getRunName ()

コレクターをトリガーするテスト実行mRunNameの名前を返します。

ITestInvocationListener init ( IInvocationContext context, ITestInvocationListener listener)

現在のコンテキストと結果の転送先を使用したコレクターの初期化。

final void invocationEnded (long elapsedTime)

呼び出しが正常に終了したか、何らかのエラー状態により終了したことを報告します。

final void invocationFailed ( FailureDescription failure)

何らかのエラー状態による不完全な呼び出しを報告します。

final void invocationFailed (Throwable cause)

何らかのエラー状態による不完全な呼び出しを報告します。

final void invocationStarted ( IInvocationContext context)

転送用の呼び出しリスナー

final boolean isDisabled ()

オブジェクト全体が無効になっている場合は True を返します (セットアップとティアダウンの両方をスキップします)。

final void logAssociation (String dataName, LogFile logFile)

メトリック コレクターの実装内では使用しないでください。

void onTestAssumptionFailure ( DeviceMetricData testData, TestDescription test)

テスト ケースが仮定エラーで失敗した場合のコールバック。

void onTestEnd ( DeviceMetricData testData, currentTestCaseMetrics, TestDescription test) onTestEnd ( DeviceMetricData testData, currentTestCaseMetrics, TestDescription test)

テストケース終了時のコールバック。

void onTestEnd ( DeviceMetricData testData, currentTestCaseMetrics) onTestEnd ( DeviceMetricData testData, currentTestCaseMetrics)

テストケース終了時のコールバック。

void onTestFail ( DeviceMetricData testData, TestDescription test)

テスト ケースが失敗したときのコールバック。

void onTestModuleEnded ()

モジュール終了イベントのキャプチャを許可します。

void onTestModuleStarted ()

モジュール開始イベントのキャプチャーを許可します。

void onTestRunEnd ( DeviceMetricData runData, currentRunMetrics) onTestRunEnd ( DeviceMetricData runData, currentRunMetrics)

テスト実行が終了したときのコールバック。

void onTestRunFailed ( DeviceMetricData testData, FailureDescription failure)

testRunFailed イベントのコールバック

void onTestRunStart ( DeviceMetricData runData)

テスト実行開始時のコールバック。

void onTestStart ( DeviceMetricData testData)

テストケース開始時のコールバック。

final void setDisable (boolean isDisabled)

オブジェクトを無効にするかどうかを設定します。

final void setLogSaver ( ILogSaver logSaver)

メトリック コレクターの実装内では使用しないでください。

final void testAssumptionFailure ( TestDescription test, String trace)

アトミック テストが false の条件を想定していることを示すフラグを立てたときに呼び出されます

final void testAssumptionFailure ( TestDescription test, FailureDescription failure)

アトミック テストが false の条件を想定していることを示すフラグを立てたときに呼び出されます

final void testEnded ( TestDescription test, long endTime, testMetrics) testEnded ( TestDescription test, long endTime, testMetrics)

ERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,Map)) 、終了時間を直接指定できます。

final void testEnded ( TestDescription test, testMetrics) testEnded ( TestDescription test, testMetrics)

個々のテスト ケースの実行終了を報告します。

final void testFailed ( TestDescription test, FailureDescription failure)

個々のテスト ケースの失敗を報告します。

final void testFailed ( TestDescription test, String trace)

個々のテスト ケースの失敗を報告します。

final void testIgnored ( TestDescription test)

通常、テストメソッドに org.junit.Ignore の注釈が付けられているため、テストが実行されない場合に呼び出されます。

final void testLog (String dataName, LogDataType dataType, InputStreamSource dataStream)

テスト呼び出しから関連するログまたはデバッグ データを提供します。

final void testLogSaved (String dataName, LogDataType dataType, InputStreamSource dataStream, LogFile logFile)

メトリック コレクターの実装内では使用しないでください。

final void testModuleEnded ()

モジュール実行の終了を報告します。

final void testModuleStarted ( IInvocationContext moduleContext)

実行中のモジュールの開始を報告します。

final void testRunEnded (long elapsedTime, runMetrics) testRunEnded (long elapsedTime, runMetrics)

テスト実行の終了を報告します。

final void testRunFailed ( FailureDescription failure)

FailureDescriptionで説明されているエラーのため、レポートのテスト実行を完了できませんでした。

final void testRunFailed (String errorMessage)

致命的なエラーのため、レポートのテスト実行を完了できませんでした。

final void testRunStarted (String runName, int testCount, int attemptNumber)

テスト実行の開始を報告します。

final void testRunStarted (String runName, int testCount)

テスト実行コールバック

final void testRunStarted (String runName, int testCount, int attemptNumber, long startTime)

テスト実行の開始を報告します。

final void testRunStopped (long elapsedTime)

レポートのテスト実行は、ユーザーの要求により完了前に停止しました。

final void testStarted ( TestDescription test, long startTime)

testStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription)の代わりに、正確な測定のためにERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,long,Map))と組み合わせて、テストの開始時期も指定します。 .

final void testStarted ( TestDescription test)

テスト ケースのコールバック

田畑

TEST_CASE_EXCLUDE_GROUP_OPTION

public static final String TEST_CASE_EXCLUDE_GROUP_OPTION

TEST_CASE_INCLUDE_GROUP_OPTION

public static final String TEST_CASE_INCLUDE_GROUP_OPTION

パブリック コンストラクター

BaseDeviceMetricCollector

public BaseDeviceMetricCollector ()

公開メソッド

getBuildInfos

public final  getBuildInfos ()

呼び出しで利用可能なビルド情報のリストを返します。

戻り値

getDevices

public final  getDevices ()

呼び出しで使用可能なデバイスのリストを返します。

戻り値

getFileFromTestArtifacts

public File getFileFromTestArtifacts (String fileName)

テスト成果物またはモジュール成果物からファイルを取得し、後続の呼び出しのためにマップにキャッシュします。

パラメーター
fileName String : 成果物で検索するファイルの名前。

戻り値
Fileテスト成果物またはモジュール成果物からのファイル。ファイルが見つからない場合は null を返します。

getInvocationListener

public final ITestInvocationListener getInvocationListener ()

結果を転送する元のITestInvocationListenerを返します。

戻り値
ITestInvocationListener

getModuleName

public String getModuleName ()

戻り値
String

getRealDevices

public final  getRealDevices ()

getDevices()リストからすべての非スタブ デバイスを返します。

戻り値

getRunName

public String getRunName ()

コレクターをトリガーするテスト実行mRunNameの名前を返します。

戻り値
String mRunName、現在のテスト実行名。

初期化

public ITestInvocationListener init (IInvocationContext context, 
                ITestInvocationListener listener)

現在のコンテキストと結果の転送先を使用したコレクターの初期化。インスタンスごとに 1 回だけ呼び出され、コレクターはその内部コンテキストとリスナーを更新することが期待されます。 Init は、テスト実行中に常に呼び出されることはありません。

自分が何をしているのかわからない限り、上書きしないでください。

パラメーター
context IInvocationContext : 進行中の呼び出しのIInvocationContext

listener ITestInvocationListener : 結果を配置するITestInvocationListener

戻り値
ITestInvocationListener元のリスナーをラップする新しいリスナー。

スロー
DeviceNotAvailableException

呼び出し終了

public final void invocationEnded (long elapsedTime)

呼び出しが正常に終了したか、何らかのエラー状態により終了したことを報告します。

TradeFederation フレームワークによって自動的に呼び出されます。

パラメーター
elapsedTime long : 呼び出しの経過時間 (ミリ秒)

呼び出し失敗

public final void invocationFailed (FailureDescription failure)

何らかのエラー状態による不完全な呼び出しを報告します。

TradeFederation フレームワークによって自動的に呼び出されます。

パラメーター
failure FailureDescription : 失敗の原因を説明するFailureDescription

呼び出し失敗

public final void invocationFailed (Throwable cause)

何らかのエラー状態による不完全な呼び出しを報告します。

TradeFederation フレームワークによって自動的に呼び出されます。

パラメーター
cause Throwable : 失敗のThrowable原因

呼び出し開始

public final void invocationStarted (IInvocationContext context)

転送用の呼び出しリスナー

パラメーター
context IInvocationContext : 呼び出しに関する情報

無効になっています

public final boolean isDisabled ()

オブジェクト全体が無効になっている場合は True を返します (セットアップとティアダウンの両方をスキップします)。それ以外の場合は偽。

戻り値
boolean

ログ関連付け

public final void logAssociation (String dataName, 
                LogFile logFile)

メトリック コレクターの実装内では使用しないでください。これは純粋な転送です。

パラメーター
dataName String : データの名前

logFile LogFile : 以前にログに記録され、テスト ケースに関連付ける必要があるLogFile

onTestAssumptionFailure

public void onTestAssumptionFailure (DeviceMetricData testData, 
                TestDescription test)

テスト ケースが仮定エラーで失敗した場合のコールバック。

パラメーター
testData DeviceMetricData : テスト ケースのデータを保持するDeviceMetricData

test TestDescription : 進行中のテスト ケースのTestDescription

スロー
DeviceNotAvailableException

onTestEnd

public void onTestEnd (DeviceMetricData testData, 
                 currentTestCaseMetrics, 
                TestDescription test)

テストケース終了時のコールバック。これは、クリーンアップの時間である必要があります。

パラメーター
testData DeviceMetricData : テスト ケースのデータを保持するDeviceMetricDataonTestStart(com.android.tradefed.device.metric.DeviceMetricData)中と同じオブジェクトになります。

currentTestCaseMetrics : ERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,Map))渡されるメトリックの現在のマップ。

test TestDescription : 進行中のテスト ケースのTestDescription

スロー
DeviceNotAvailableException

onTestEnd

public void onTestEnd (DeviceMetricData testData, 
                 currentTestCaseMetrics)

テストケース終了時のコールバック。これは、クリーンアップの時間である必要があります。

パラメーター
testData DeviceMetricData : テスト ケースのデータを保持するDeviceMetricDataonTestStart(com.android.tradefed.device.metric.DeviceMetricData)中と同じオブジェクトになります。

currentTestCaseMetrics : ERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,Map))渡されるメトリックの現在のマップ。

スロー
DeviceNotAvailableException

onTestFail

public void onTestFail (DeviceMetricData testData, 
                TestDescription test)

テスト ケースが失敗したときのコールバック。

パラメーター
testData DeviceMetricData : テスト ケースのデータを保持するDeviceMetricData

test TestDescription : 進行中のテスト ケースのTestDescription

スロー
DeviceNotAvailableException

onTestModuleEnded

public void onTestModuleEnded ()

モジュール終了イベントのキャプチャを許可します。

スロー
DeviceNotAvailableException

onTestModuleStarted

public void onTestModuleStarted ()

モジュール開始イベントのキャプチャーを許可します。

スロー
DeviceNotAvailableException

onTestRunEnd

public void onTestRunEnd (DeviceMetricData runData, 
                 currentRunMetrics)

テスト実行が終了したときのコールバック。これは、クリーンアップの時間である必要があります。

パラメーター
runData DeviceMetricData : 実行のデータを保持するDeviceMetricDataonTestRunStart(com.android.tradefed.device.metric.DeviceMetricData)中と同じオブジェクトになります。

currentRunMetrics : ERROR(/#testRunEnded(long,Map))渡されたメトリックの現在のマップ。

スロー
DeviceNotAvailableException

onTestRunFailed

public void onTestRunFailed (DeviceMetricData testData, 
                FailureDescription failure)

testRunFailed イベントのコールバック

スロー
DeviceNotAvailableException

onTestRunStart

public void onTestRunStart (DeviceMetricData runData)

テスト実行開始時のコールバック。

パラメーター
runData DeviceMetricData : 実行のデータを保持するDeviceMetricData

スロー
DeviceNotAvailableException

onTestStart

public void onTestStart (DeviceMetricData testData)

テストケース開始時のコールバック。

パラメーター
testData DeviceMetricData : テスト ケースのデータを保持するDeviceMetricData

スロー
DeviceNotAvailableException

setDisable

public final void setDisable (boolean isDisabled)

オブジェクトを無効にするかどうかを設定します。無効にすると、セットアップと破棄の両方の手順をスキップする必要があります。デフォルトのコンストラクターでオブジェクトをデフォルトで無効にするために使用できます。

パラメーター
isDisabled boolean : オブジェクトが置かれるべき状態。

setLogSaver

public final void setLogSaver (ILogSaver logSaver)

メトリック コレクターの実装内では使用しないでください。これは純粋な転送です。

パラメーター
logSaver ILogSaver : ILogSaver

testAssumptionFailure

public final void testAssumptionFailure (TestDescription test, 
                String trace)

アトミック テストが false の条件を想定していることを示すフラグを立てたときに呼び出されます

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

trace String : 失敗のスタック トレース

testAssumptionFailure

public final void testAssumptionFailure (TestDescription test, 
                FailureDescription failure)

アトミック テストが false の条件を想定していることを示すフラグを立てたときに呼び出されます

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

failure FailureDescription : 失敗とそのコンテキストを説明するFailureDescription

テスト終了

public final void testEnded (TestDescription test, 
                long endTime, 
                 testMetrics)

ERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,Map)) 、終了時間を直接指定できます。正確な測定のためにtestStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription, long)と組み合わせます。

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

endTime long : System.currentTimeMillis()を介して測定された、テストが終了した時間

testMetrics : 発行されたメトリックのERROR(/Map)

テスト終了

public final void testEnded (TestDescription test, 
                 testMetrics)

個々のテスト ケースの実行終了を報告します。

testFailed(TestDescription, FailureDescription)が呼び出されなかった場合、このテストは成功しました。また、テスト ケースの実行中に発行された可能性のあるキー/値メトリックも返します。

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

testMetrics : 発行されたメトリックのERROR(/Map)

テスト失敗

public final void testFailed (TestDescription test, 
                FailureDescription failure)

個々のテスト ケースの失敗を報告します。

testStarted と testEnded の間で呼び出されます。

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

failure FailureDescription : 失敗とそのコンテキストを説明するFailureDescription

テスト失敗

public final void testFailed (TestDescription test, 
                String trace)

個々のテスト ケースの失敗を報告します。

testStarted と testEnded の間で呼び出されます。

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

trace String : 失敗のスタック トレース

テスト無視

public final void testIgnored (TestDescription test)

通常、テストメソッドに org.junit.Ignore の注釈が付けられているため、テストが実行されない場合に呼び出されます。

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

テストログ

public final void testLog (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStreamSource dataStream)

テスト呼び出しから関連するログまたはデバッグ データを提供します。

ERROR(/ITestInvocationListener#invocationFailed(Throwable))またはERROR(/ITestInvocationListener#invocationEnded(long))前に呼び出す必要があります

TradeFederation フレームワークは、このメソッドを自動的に呼び出し、ホスト ログと、該当する場合はデバイスの logcat を提供します。

パラメーター
dataName String : データのString記述名。例: "device_logcat"。注意 dataName は、呼び出しごとに一意ではない場合があります。つまり、実装者は同じ dataName で複数の呼び出しを処理できなければなりません

dataType LogDataType : データのLogDataType

dataStream InputStreamSource : データのInputStreamSource 。実装者は createInputStream を呼び出してデータの読み取りを開始し、完了したら結果の InputStream を確実に閉じる必要があります。呼び出し元は、testLog メソッドが完了するまで、データのソースが存在し、アクセス可能であることを確認する必要があります。

testLogSaved

public final void testLogSaved (String dataName, 
                LogDataType dataType, 
                InputStreamSource dataStream, 
                LogFile logFile)

メトリック コレクターの実装内では使用しないでください。これは純粋な転送です。

パラメーター
dataName String : データのString記述名。例: "device_logcat"。注意 dataName は、呼び出しごとに一意ではない場合があります。つまり、実装者は同じ dataName で複数の呼び出しを処理できなければなりません

dataType LogDataType : データのLogDataType

dataStream InputStreamSource : データのInputStreamSource 。実装者は createInputStream を呼び出してデータの読み取りを開始し、完了したら結果の InputStream を確実に閉じる必要があります。

logFile LogFile : 保存されたファイルのメタデータを含むLogFile

testModuleEnded

public final void testModuleEnded ()

モジュール実行の終了を報告します。

testModuleStarted

public final void testModuleStarted (IInvocationContext moduleContext)

実行中のモジュールの開始を報告します。このコールバックはtestModuleEnded()に関連付けられており、シーケンスではオプションです。モジュールを使用する実行中にのみ使用されます: スイートベースのランナー。

パラメーター
moduleContext IInvocationContext : モジュールのIInvocationContext

testRunEnded

public final void testRunEnded (long elapsedTime, 
                 runMetrics)

テスト実行の終了を報告します。 FIXME: タイプの異なる 2 つの Map<> インターフェイスを持つことはできないため、ここでは HashMap を使用する必要があります。

パラメーター
elapsedTime long : デバイスが報告した経過時間 (ミリ秒)

runMetrics : Metricでのテスト実行の最後に報告されるキーと値のペア。

testRunFailed

public final void testRunFailed (FailureDescription failure)

FailureDescriptionで説明されているエラーのため、レポートのテスト実行を完了できませんでした。

パラメーター
failure FailureDescription : 失敗とそのコンテキストを説明するFailureDescription

testRunFailed

public final void testRunFailed (String errorMessage)

致命的なエラーのため、レポートのテスト実行を完了できませんでした。

パラメーター
errorMessage String : 実行失敗の理由を説明する文字String

testRunStarted

public final void testRunStarted (String runName, 
                int testCount, 
                int attemptNumber)

テスト実行の開始を報告します。

パラメーター
runName String : テスト実行名

testCount int : テスト実行中のテストの総数

attemptNumber int : 複数回実行される同じ runName の異なる試行を識別する順序番号。 AttemptNumber のインデックスは 0 であり、新しい実行が発生するたびに増加する必要があります。たとえば、テストは詳細に 3 回再試行されます。同じ runName で合計 4 回実行する必要があり、attemptNumber は 0 から 3 です。

testRunStarted

public final void testRunStarted (String runName, 
                int testCount)

テスト実行コールバック

パラメーター
runName String : テスト実行名

testCount int : テスト実行中のテストの総数

testRunStarted

public final void testRunStarted (String runName, 
                int testCount, 
                int attemptNumber, 
                long startTime)

テスト実行の開始を報告します。

パラメーター
runName String : テスト実行名

testCount int : テスト実行中のテストの総数

attemptNumber int : 複数回実行される同じ runName の異なる試行を識別する順序番号。 AttemptNumber のインデックスは 0 であり、新しい実行が発生するたびに増加する必要があります。たとえば、テストは詳細に 3 回再試行されます。同じ runName で合計 4 回実行する必要があり、attemptNumber は 0 から 3 です。

startTime long : System.currentTimeMillis()を介して測定された、実行が開始された時間

testRunStopped

public final void testRunStopped (long elapsedTime)

レポートのテスト実行は、ユーザーの要求により完了前に停止しました。

TODO: 現在使用されていません。削除を検討してください

パラメーター
elapsedTime long : デバイスが報告した経過時間 (ミリ秒)

テスト開始

public final void testStarted (TestDescription test, 
                long startTime)

testStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription)の代わりに、正確な測定のためにERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,long,Map))と組み合わせて、テストの開始時期も指定します。 .

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

startTime long : System.currentTimeMillis()を介して測定された、テストの開始時間

テスト開始

public final void testStarted (TestDescription test)

テスト ケースのコールバック

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します