イベントロガーリスナー

public class EventsLoggerListener
extends Object implements ILogSaverListener

java.lang.オブジェクト
com.android.tradefed.result.EventsLoggerListener


受信したすべてのイベントをファイルに記録するリスナー

まとめ

パブリックコンストラクター

EventsLoggerListener (String name)

パブリックメソッド

File getLoggedEvents ()
void invocationEnded (long elapsedTime)

正常に終了したか、何らかのエラー条件により呼び出しが終了したことを報告します。

void invocationFailed ( FailureDescription failure)

何らかのエラー状態が原因で不完全な呼び出しを報告します。

void invocationStarted ( IInvocationContext context)

テスト呼び出しの開始を報告します。

void logAssociation (String dataName, LogFile logFile)

場合によっては、ログをテスト ケースと強く関連付ける必要がありますが、直接testLogSaved(String, com.android.tradefed.result.LogDataType, com.android.tradefed.result.InputStreamSource, com.android.tradefed.result.LogFile)で関連付けることができます。 testLogSaved(String, com.android.tradefed.result.LogDataType, com.android.tradefed.result.InputStreamSource, com.android.tradefed.result.LogFile)コールバックはできません。

void testAssumptionFailure ( TestDescription test, String trace)

アトミック テストが条件が false であると仮定することを示すフラグを立てたときに呼び出されます。

void testAssumptionFailure ( TestDescription test, FailureDescription failure)

アトミック テストが条件が false であると仮定することを示すフラグを立てたときに呼び出されます。

void testEnded ( TestDescription test, long endTime, testMetrics) testEnded ( TestDescription test, long endTime, testMetrics)

ERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,Map))の代わりに、終了時刻を直接指定できます。

void testFailed ( TestDescription test, FailureDescription failure)

個々のテスト ケースの失敗を報告します。

void testFailed ( TestDescription test, String trace)

個々のテスト ケースの失敗を報告します。

void testIgnored ( TestDescription test)

通常、テスト メソッドに org.junit.Ignore アノテーションが付けられているため、テストが実行されないときに呼び出されます。

void testModuleEnded ()

モジュールの実行の終了を報告します。

void testModuleStarted ( IInvocationContext moduleContext)

モジュールの実行の開始を報告します。

void testRunEnded (long elapsedTimeMillis, runMetrics) testRunEnded (long elapsedTimeMillis, runMetrics)

テスト実行の終了を報告します。

void testRunFailed ( FailureDescription failure)

FailureDescriptionで説明されている障害のため、レポートのテスト実行が完了できませんでした。

void testRunFailed (String errorMessage)

レポートのテスト実行は、致命的なエラーのため完了できませんでした。

void testRunStarted (String runName, int testCount, int attemptNumber)

テスト実行の開始を報告します。

void testRunStarted (String runName, int testCount)

テスト実行の開始を報告します。

void testRunStarted (String runName, int testCount, int attemptNumber, long startTime)

テスト実行の開始を報告します。

void testSkipped ( TestDescription test, SkipReason reason)

通常予期しない理由でテストがスキップされ、実行されなかったときに呼び出されます。

void testStarted ( TestDescription test, long startTime)

testStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription)の代わりに、テストの開始時期も指定し、正確な測定のためにERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,long,Map))と組み合わせます。 。

パブリックコンストラクター

イベントロガーリスナー

public EventsLoggerListener (String name)

パラメーター
name String

パブリックメソッド

getLoggedEvents

public File getLoggedEvents ()

戻り値
File

呼び出し終了

public void invocationEnded (long elapsedTime)

正常に終了したか、何らかのエラー条件により呼び出しが終了したことを報告します。

TradeFederation フレームワークによって自動的に呼び出されます。

パラメーター
elapsedTime long : 呼び出しの経過時間 (ミリ秒)

呼び出し失敗

public void invocationFailed (FailureDescription failure)

何らかのエラー状態が原因で不完全な呼び出しを報告します。

TradeFederation フレームワークによって自動的に呼び出されます。

パラメーター
failure FailureDescription : 失敗の原因を説明するFailureDescription

呼び出し開始

public void invocationStarted (IInvocationContext context)

テスト呼び出しの開始を報告します。

TradeFederation フレームワークによって自動的に呼び出されます。複数のデバイスのレポートをサポートするには、レポーターはこのメソッドをオーバーライドする必要があります。

パラメーター
context IInvocationContext : 呼び出しに関する情報

ログ関連付け

public void logAssociation (String dataName, 
                LogFile logFile)

場合によっては、ログをテスト ケースと強く関連付ける必要がありますが、直接testLogSaved(String, com.android.tradefed.result.LogDataType, com.android.tradefed.result.InputStreamSource, com.android.tradefed.result.LogFile)で関連付けることができます。 testLogSaved(String, com.android.tradefed.result.LogDataType, com.android.tradefed.result.InputStreamSource, com.android.tradefed.result.LogFile)コールバックはできません。したがって、このコールバックにより、強力な関連付けを明示的に提供できます。

パラメーター
dataName String : データの名前

logFile LogFile : 以前にログに記録され、テスト ケースに関連付ける必要があるLogFile

テスト仮定失敗

public void testAssumptionFailure (TestDescription test, 
                String trace)

アトミック テストが条件が false であると仮定することを示すフラグを立てたときに呼び出されます。

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

trace String : 失敗のスタック トレース

テスト仮定失敗

public void testAssumptionFailure (TestDescription test, 
                FailureDescription failure)

アトミック テストが条件が false であると仮定することを示すフラグを立てたときに呼び出されます。

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

failure FailureDescription : 失敗とそのコンテキストを説明するFailureDescription

テスト終了

public void testEnded (TestDescription test, 
                long endTime, 
                 testMetrics)

ERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,Map))の代わりに、終了時刻を直接指定できます。正確に測定するにはtestStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription, long)と組み合わせます。

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

endTime long : System.currentTimeMillis()によって測定されたテスト終了時刻

testMetrics : 出力されたメトリクスのERROR(/Map)

テスト失敗

public void testFailed (TestDescription test, 
                FailureDescription failure)

個々のテスト ケースの失敗を報告します。

testStarted と testEnded の間で呼び出されます。

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

failure FailureDescription : 失敗とそのコンテキストを説明するFailureDescription

テスト失敗

public void testFailed (TestDescription test, 
                String trace)

個々のテスト ケースの失敗を報告します。

testStarted と testEnded の間で呼び出されます。

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

trace String : 失敗のスタック トレース

テスト無視されました

public void testIgnored (TestDescription test)

通常、テスト メソッドに org.junit.Ignore アノテーションが付けられているため、テストが実行されないときに呼び出されます。

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

テストモジュール終了

public void testModuleEnded ()

モジュールの実行の終了を報告します。

テストモジュールが開始されました

public void testModuleStarted (IInvocationContext moduleContext)

モジュールの実行の開始を報告します。このコールバックはtestModuleEnded()に関連付けられており、シーケンス内ではオプションです。これは、モジュール (スイート ベースのランナー) を使用する実行中にのみ使用されます。

パラメーター
moduleContext IInvocationContext : モジュールのIInvocationContext

テスト実行終了

public void testRunEnded (long elapsedTimeMillis, 
                 runMetrics)

テスト実行の終了を報告します。修正: タイプの異なる 2 つの Map<> インターフェイスを使用することはできないため、ここでは HashMap を使用する必要があります。

パラメーター
elapsedTimeMillis long : デバイスが報告した経過時間 (ミリ秒単位)

runMetrics : Metricを使用したテスト実行の終了時に報告されたキーと値のペア。

テスト実行失敗

public void testRunFailed (FailureDescription failure)

FailureDescriptionで説明されている障害のため、レポートのテスト実行が完了できませんでした。

パラメーター
failure FailureDescription : 失敗とそのコンテキストを説明するFailureDescription

テスト実行失敗

public void testRunFailed (String errorMessage)

レポートのテスト実行は、致命的なエラーのため完了できませんでした。

パラメーター
errorMessage String : 実行失敗の理由を説明するString

テスト実行開始しました

public void testRunStarted (String runName, 
                int testCount, 
                int attemptNumber)

テスト実行の開始を報告します。

パラメーター
runName String : テスト実行名

testCount int : テスト実行のテストの総数

attemptNumber int : 複数回実行される同じ runName の異なる試行を識別する順序番号。 attemptNumber は 0 から始まるインデックスであり、新しい実行が発生するたびに増加する必要があります。たとえば、テストは 3 回詳細に再試行され、同じ runName で合計 4 回の実行が必要で、attemptNumber は 0 ~ 3 です。

テスト実行開始しました

public void testRunStarted (String runName, 
                int testCount)

テスト実行の開始を報告します。

パラメーター
runName String : テスト実行名

testCount int : テスト実行のテストの総数

テスト実行開始しました

public void testRunStarted (String runName, 
                int testCount, 
                int attemptNumber, 
                long startTime)

テスト実行の開始を報告します。

パラメーター
runName String : テスト実行名

testCount int : テスト実行のテストの総数

attemptNumber int : 複数回実行される同じ runName の異なる試行を識別する順序番号。 attemptNumber は 0 から始まるインデックスであり、新しい実行が発生するたびに増加する必要があります。たとえば、テストは 3 回詳細に再試行され、同じ runName で合計 4 回の実行が必要で、attemptNumber は 0 ~ 3 です。

startTime long : System.currentTimeMillis()によって測定された実行の開始時刻

テストスキップされました

public void testSkipped (TestDescription test, 
                SkipReason reason)

通常予期しない理由でテストがスキップされ、実行されなかった場合に呼び出されます。これらのテストは、適切な実行を試みるために再試行されます。

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

reason SkipReason : SkipReason

テスト開始

public void testStarted (TestDescription test, 
                long startTime)

testStarted(com.android.tradefed.result.TestDescription)の代わりに、テストの開始時期も指定し、正確な測定のためにERROR(/#testEnded(com.android.tradefed.result.TestDescription,long,Map))と組み合わせます。 。

パラメーター
test TestDescription : テストを識別します

startTime long : System.currentTimeMillis()によって測定されたテストの開始時刻